マラソンの基礎知識

マラソンにおける正しいフォームとは?

マラソンにおいて正しいフォームは、早く走ることよりも大切で、怪我をしにくくするためにも必ず身につけておきたいことです。
マラソンの正しいフォームとは、背中が伸びている状態のことをいいます。
首を突き出てしまわないように背中を伸ばすことが大切ですから、鏡などで確認してみると良いでしょう。
また、実際に走る時には、足の親指の付け根で地面を蹴り、かかとから着地するように走るフォームが基本となります。
このフォームに慣れるまでは、歩く速さからゆっくり走り、体にフォームを覚えこませていきましょう。
走るスピードが上がってきたら、腰を前方に出すイメージで、上体をやや前傾させると良いですよ。
歩幅は無理に広げず、フォームを崩さない程度の自分に合った楽な幅で出すようにしましょう。
走っていると、疲れてしまって腕を横に振ってしまったりすることもあるかもしれません。
しかし、腕を振るフォームが正しくないと、基本となる姿勢を保つことが難しくなってしまいます。
疲れてきても指を軽く曲げ、肘も曲げて後ろに引くよう心がけ、こぶしが肩にくるような腕の振り方を意識しながら走るようにしましょう。
マラソンにおける正しいフォームのポイントとしては、他にも、目線の位置があります。
顎が上がりすぎたり、下がりすぎたりしないように、しっかり前方を見つめましょう。
それに、マラソンでは呼吸も大切になってきます。
胸に空気を取り込みやすいよう背筋を伸ばし、胸を開く感じを心がけ、正しいフォームを保ってマラソンを行うようにしましょう。